物語学の森 Blog版 高松宮女二宮の質入れ借財のこと。
FC2ブログ
高松宮女二宮の質入れ借財のこと。
2019-10-21 Mon 07:30
  越後高田藩・松平家の茶道具・典籍・刀剣を傳領した高松宮(のちの有栖川宮)女二宮であったが、その6年後には経済的に困窮し、お宝を次々に質入れしていたことが判明。回収不能の4点を除き、32点を、大月六郎左衛門と高洲平右衛門の許で管理することになったという。ただし、定家本『源氏物語』の「若紫」「野分」、為明筆『金葉集』、為和筆『伊勢物語』は、質に入った形跡はない。「二宮殿の勝手不如意、近年の内に大分借金出来、指当不断、之れ続け難く成り、今更、仕様無きの段」とある文章に家臣達の苦衷が読みとれる。以下、ゴチックの刀・脇差は回収にこれ務めたようである。二宮薨去後(1700年)の典籍の行方についてはなお探索中である。

  二宮衆より此方へ参る目録     貞亭三年(1686)四月五日
(包紙上書)
「宮様衆より此方参目録             一通
          封
    貞亭丙寅四月五日」
  
     覚
一、 越後殿道具・武具之外者遠江守様・出羽守様御両所エ御支配之儀従 公儀被 仰付、如何様共御形付之道無之故御老中様江御内意御窺、二宮殿エ不残被進置候、則高田江其節御候御目付衆御改、御帳面ヲ以去酉歳御渡候品、拙者共不料簡ヲ以二宮殿当分任勝手、質物ニ入売払抔仕茂有之段、今度預御不審行当無是非仕合致迷惑候、然上其儘預リ置候段遠慮多存候間、相残三拾弐廉之道具御両家江内分預ケ置申度候段今度申達候得共、思召共在之無其儀候、依之堀田長右衛門・高洲丙右衛門両人預リ役人ニ罷成、夏冬手置等念入、其節御一門様江相伺無油断可相守之由被仰聞趣一統致承知候
一、 二宮殿勝手不如意近年之内大分借金出来、指当不断之続難成、今更不仕様無之段、何茂以相談申出候処ニ、内所向之儀相談難成候得共、此度今迄之借金納所相済候ハ、已来ハ如何様ニ茂被相談候様可仕与申儀ヲ御聞届、右三拾八廉之内道誉一文字代金百枚刀一腰、 左弘行代金三拾五枚之刀一腰、左安吉代金拾五枚之脇指一腰一休自画自賛手鑑、右四廉質物ニ成在之間、此分如何様とも二宮様御心次第ニ仕、向後御合力米之内ヲ以被相続候様ニ諸事可仕旨委細得其意全可相守候、為後日如此御座候、已上
                             大月六郎左衛門 印
 貞亭丙寅四月五日                    高洲平右衛門  印
                             堀田長右衛門  印
               柳多主計殿         興津市左衛門  印 
               神尾帯刀殿         に し お   印
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<高松宮好仁女宮の幕府の処遇と年収 | 物語学の森 Blog版 | 大井田晴彦著『伊勢物語-現代語訳・索引付』>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |