物語学の森 Blog版 「秀頼討伐につき佐久郡郷士督促状」転写文書
FC2ブログ
「秀頼討伐につき佐久郡郷士督促状」転写文書
2019-08-23 Fri 15:09
 以前紹介した「軽井沢本陣佐藤家文書93」「秀頼討伐につき佐久郡郷士督促状」をお持ちの旧家の御当主から問い合わせがあったので、以下の文献を紹介した。「督促状」の転写文書であるが、佐藤家文書よりも字が読みやすく、資料性が高いように思われる。


佐藤芳寿著『先祖を想う 軽井沢本陣佐藤家の歴史』昭和54年、私家版

19 大阪冬の陣における佐久郡士の誓約

 慶長十九年三月(大阪冬の陣の八か月前)、徳川の配下にあった真田信幸が、信濃の郷士に檄をとばして同志を結集し、徳川方に加担することを血判誓約している。
 古文書は次の内容である。「秀頼が摂州の難波城に拠って逆心をおこし、籠城を企てている趣だから、佐久郡三十五か村の郡士六十九騎と、その家士百八十名は、追手大将真田伊豆守信幸、侍大将を芦田源重郎康国として、美濃の国中津川に出陣し、搦手大将の下知次第戦場に急行することを血判誓約する」というものであって、佐久郡三十五か村の郡士六十九名の村名と氏名が列挙されており、軽井沢では三世、佐藤織部烝信色父子の名が記されている。 54-55頁

別窓 | 前史探究 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<秀頼討伐古文書の価値 | 物語学の森 Blog版 | 中西進の短歌(昭和24年)>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |