物語学の森 Blog版 乾 澄子著『源氏物語の表現と展開—寝覚・狭衣の世界』
FC2ブログ
乾 澄子著『源氏物語の表現と展開—寝覚・狭衣の世界』
2019-05-28 Tue 06:47


 思いがけずも、著者から拝領。ありがとうございます。『風葉和歌集』所載の『源氏物語』の採録状況から鎌倉中期の和歌の志向性を探る初期のご研究以来、一貫するのは和歌と物語の関係性の問題。その後、ご研究は『寝覚』『狭衣』と後期物語を軸に進められながら、『源氏物語注釈』風間書房)にも参加されてこれは先年完結を見たところ。さらには『風葉和歌集』の注釈も中心的な存在として推進されて続刊が待たれる中での自著の刊行。『源氏物語』ならびに後期物語研究者には、ぜひ高架をお勧めする。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 傳也足軒(中院通勝)筆 『歌枕名寄』巻第廿一断簡 | 物語学の森 Blog版 | 『柳井滋の源氏学 平安文学の思想』>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |