物語学の森 Blog版 日比野浩信著『はじめての古筆切』
FC2ブログ
日比野浩信著『はじめての古筆切』
2019-05-12 Sun 06:57


 著者より丁寧な挨拶文とともに拝受。ありがとうございます。古筆の図版も鮮明にして、切、断簡の様態、料紙なとせの解説も有益。教科書としても採用可能な価格設定。著者と和泉書院の英断であろう。古筆の釈文を課題のするのも一考か。御高架をお勧めする。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<青木慎一著『源氏物語の表現と絵画的展開ー夕霧を中心に』 | 物語学の森 Blog版 | 「みむろといんへのあき た」の「斎部」氏のこと。>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |