物語学の森 Blog版 高堂さん
FC2ブログ
高堂さん
2019-03-31 Sun 07:46
20190330.jpg

 この10年余、和泉キャンパスの教員室で楽しい時間を過ごしてきた高堂さんとお別れしてきました。同世代、早すぎる。中学3年生になる息子さんや奥様のお人柄から、温かいご家庭を築いていたことがよく分かりました。お世話になりました。永井荷風『雨蕭々』や池田弥三郎の随筆『私の食物誌』を愛した高堂さん、さようなら。合掌。

<高堂晃壽>
1963年9月11日~2019年1月31日。享年55。1997年、東京大学人文社会系研究科アジア文化研究専攻(インド文学・インド哲学・仏教学専門分野)を単位取得の上、満期退学。1994年~1996年、北京大学哲学系に留学。専門は中国仏教。著書に『定本 中国仏教史III』(柏書房 共訳)、『現代語訳 碧巖録』上・中・下(岩波書店 共訳)がある。
別窓 | 大学での御仕事の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<新元号「令和」覚書-「令」は明朝体で書くべき話 | 物語学の森 Blog版 | 本宮洋幸著『うつほ物語の長編力』>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |