物語学の森 Blog版 私的上臈女房としての《紫式部》
FC2ブログ
私的上臈女房としての《紫式部》
2019-01-17 Thu 06:12
 ある学協会機関誌の書評に、紫式部と藤原香子は別人であるとの指摘があることを知り、さっそく精読。その核心部分は以下の通り。

『紫式部日記』には繰り返し「うへ人」(内裏女房)についてはよく知らない、と記している。紫式部自身は内裏女房でも中宮兼任の内裏女房でもない。彰子に仕える中宮三役の内侍は「宮の内侍」と呼称されており(定員一名だからこそ、この呼称で他の女房と区別できる)、掌侍藤原香子と紫式部は全くの別人なのである(39頁)。

 その根拠となる「繰り返し「うへ人」(内裏女房)についてはよく知らない、と記している」とある「うへ人」は以下の二例。しかも、内裏女房のことを「よく知らない」とあるのは一例のみで、「繰り返し」というのはいささか勇み足の説述ということになる。

寛弘五年(1008)  九月十六日夜、若い女房たちの舟遊び
北の陣に車あまたありといふは、上人(うへひと)どもなりけり。藤三位をはじめにて、侍従の命婦、藤少将の命婦、馬の命婦、左近の命婦、筑前の命婦、少輔の命婦、近江の命婦などぞ聞こえはべりし。詳しく見知らぬ人びとなれば、ひがごともはべらむかし。  

寛弘七年(1010) 正月十五日 敦良親王御五十日の祝い
 あからさまにまかでて、二の宮の御五十日は正月十五日、その暁に参るに、小少将の君、明け果ててはしたなくなりにたるに参りたまへり。例の同じ所にゐたり。二人の局を一つに合はせて、かたみに里なるほども住む。ひとたびに参りては、几帳ばかりを隔てにてあり。殿ぞ笑はせたまふ。
 「かたみに知らぬ人も語らはば。」
など聞きにくく、されど誰れもさるうとうとしきことなければ、心やすくてなむ。
 日たけて参う上る。かの君は、桜の織物の袿、赤色の唐衣、例の摺裳着たまへり。紅梅に萌黄、柳の唐衣、裳の摺目など今めかしければ、とりもかへつべくぞ、若やかなる。上人ども十七人ぞ、宮の御方に参りたる。いと宮の御まかなひは橘三位。取り次ぐ人、端には小大輔、源式部、内には小少将。
 中務の乳母、宮抱きたてまつりて、御帳のはざまより南ざまに率てたてまつる。こまかにそびそびしくなどもあらぬかたちの、ただゆるるかに、ものものしきさまうちして、さるかたに人教へつべく、かどかどしきけはひぞしたる。葡萄染めの織物の袿、無紋の青色に、桜の唐衣着たり。
 餅まゐらせたまふことども果てて、御台などまかでて、廂の御簾上ぐるきはに、上の女房は御帳の西面の昼の御座に、おし重ねたるやうにて並みゐたり。三位をはじめて典侍たちもあまた参れり。
 宮の人びとは、若人は長押の下、東の廂の南の障子放ちて、御簾かけたるに、上臈はゐたり。御帳の東のはざま、ただすこしあるに、大納言の君、小少将の君ゐたまへる所に、たづねゆきて見る。
 
 この一節から、彰子中宮の女房の上臈と下位のものたちとがあり、紫式部は、下位の女房達のいる「御帳の東のはざま、ただすこしある」ところに、「大納言の君、小少将の君」を尋ねているのだから、下位の女房ではない。したがって、私的上臈女房と考えてよいように思われる。このあたりの人物配置図は、著者は参照していないようであるが、萩谷朴『紫式部日記全注釈』下巻、角川書店、1974年448頁で明示されている。

寛弘五年(1008)  十月十六日 土御門殿邸行幸の日
かねてより、主上(うへ)の女房、宮にかけてさぶらふ五人は、参り集ひてさぶらふ。内侍二人、命婦二人、御まかなひの人一人。御膳まゐるとて、筑前、左京、一もとの髪上げて、内侍の出で入る隅の柱もとより出づ。これはよろしき天女なり。左京は青色に柳の無紋の唐衣、筑前は菊の五重の唐衣、裳は例の摺裳なり。御まかなひ橘三位。青色の唐衣、唐綾の黄なる菊の袿ぞ、上着なむめる。一もと上げたり。柱隠れにて、まほにも見えず。
 
  くわえて、「彰子に仕える中宮三役の内侍は「宮の内侍」と呼称されており(定員一名だからこそ、この呼称で他の女房と区別できる)」とあるのも、内裏(帝)と中宮兼任の女房の内侍が「二人」とあり、差別化が難しく、断言は出来ない。また、以下のように、彰子出産の折の紫式部達の人物配置においても、中宮女房の紫式部は「いま一間(北庇東三の間)」にいたとされるが、ここには、同僚の内侍と呼ばれる女房だけで「宮の内侍、弁の内侍」の二人いる。つまり、内侍を定員一名と断言することそのものが危険で、「内侍」「二名」とあるのは、職掌と呼称が混在しているのか、定員外にいたのかも不明であり、紫式部が内侍でなかったとはやはり断言できない。したがって、このあたりのことはまだまだ未解明ということになろう。

寛弘五年 九月十一日の暁、加持祈祷の様子

 人げ多く混みては、いとど御心地も苦しうおはしますらむとて、南、東面に出ださせたまうて、さるべきかぎり、この二間のもとにはさぶらふ。殿の上、讃岐の宰相の君、内蔵の命婦、御几帳の内に、仁和寺の僧都の君、三井寺の内供の君も召し入れたり。殿のよろづにののしらせたまふ御声に、僧も消たれて音せぬやうなり。
 いま一間にゐたる人びと、大納言の君、小少将の君、宮の内侍、弁の内侍、中務の君、大輔の命婦、大式部のおもと、殿の宣旨よ。いと年経たる人びとのかぎりにて、心を惑はしたるけしきどもの、いとことわりなるに、まだ見たてまつりなるるほどなけれど、類なくいみじと、心一つにおぼゆ。

 つまりは、先の説述のみでは、「紫式部と藤原香子は別人」とは確言できないということになる。
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ここぞという時、本が行方不明 | 物語学の森 Blog版 | 二本目に取りかかる>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |