物語学の森 Blog版 『精選 折口信夫 第III巻 短歌史論・迢空短歌編』
FC2ブログ
『精選 折口信夫 第III巻 短歌史論・迢空短歌編』
2018-12-28 Fri 07:11


  実質的な編者の長谷川さんから拝領。教科書にも採用されている「葛の花 踏みしだかれて色あたらし。この山道を行きし人あり」「人も馬も道行きつかれ死にゝにけり。旅寝かさなるほどのかそけさ」ももちろん収録。私の高校時代の教科書は、国語ⅠⅡは明治書院、古典講読は角川書店だったと記憶する。角川文庫も折口信夫の文庫を出しており、こちらも長谷川さんのお仕事。本文校訂は『新編折口信夫全集』による。読み慣れているとは言いながら、誤り多き旧編の本文で折口を引用するなかれ。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<山口博・正道寺康子編『ユーラシアのなかの宇宙樹・生命の樹の文化史』アジア遊学228 | 物語学の森 Blog版 | 鈴木宏子著『「古今和歌集」の想像力』>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |