物語学の森 Blog版 木村 誠著『大学大崩壊-リストラされる国立大、見捨てられる私立大 』 から。
FC2ブログ
木村 誠著『大学大崩壊-リストラされる国立大、見捨てられる私立大 』 から。
2018-11-23 Fri 08:27
 大学書店のベストセラーの一位だった木村 誠著『大学大崩壊-リストラされる国立大、見捨てられる私立大』読了。 このうち、専任/兼任担当コマ数比(115頁)でびっくりしたのは、早稲田大学の教員数が募集定員5,555人で明治大学5,413人とほぼ同数なのに(212頁)、教員専任は1.7倍、兼任は2倍超(早稲田専任1,870(34.0%)/兼任3,628(66.0%)-明治専任1,099(38.2%)/1,775(61.8%))、とびっくりするほど多いこと。オーバードクター対策の任期付教員が多いにしても、学生のケアは万全のように映る。ただし、首都圏大学の兼任率はどこも6割強で大差なく、これに拘ってコマ減らしを考えている大学首脳にも、ぜひ精読、検討願いたい。
別窓 | 大学での御仕事の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「去る者は日々に疎し」『徒然草』30段 | 物語学の森 Blog版 | 自前校本の勧め>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |