物語学の森 Blog版 さいたま宇宙劇場プラネタリウム 仲秋の明月特別投映・「月に詠えば」
FC2ブログ
さいたま宇宙劇場プラネタリウム 仲秋の明月特別投映・「月に詠えば」
2018-09-22 Sat 08:01
2018092102.jpg

  さいたま宇宙劇場プラネタリウム 仲秋の明月特別投映・「月に詠えば」(9月24日15時~15時45分)の監修者として、通しで映像と台本読みの最終リハーサルを行う。
 写真は、今年でちょうど千年前の1018年10月15日の夜に詠まれた藤原道長の和歌と国会図書館蔵竹取物語絵巻。 道長の和歌を照らす月は、新暦1018年11月25日、一千年前の当日夜の月を再現。月の満ち欠けや旧暦(太陰暦)との関係、月に因む数々の和歌の紹介、さらには、8月15日の夜、絵巻からアニメーションのかぐや姫が飛び立ち、月へと帰ってゆきます。お楽しみに。大宮駅徒歩1分。多くの方の来場をお待ちします。

別窓 | 竹取物語 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<秋学期始まる | 物語学の森 Blog版 | 池田亀鑑の実業之日本社入社は大正13年4月。>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |