物語学の森 Blog版 「立ちたまへ」る薬師仏と阿弥陀仏
FC2ブログ
「立ちたまへ」る薬師仏と阿弥陀仏
2018-05-20 Sun 06:15


 学習院で物語研究会例会。向かう途中の大泉学園駅で、目の前の男性がドアの閉まる直前に降りようとして、ドアにぶつかった衝撃で、ホームと電車の間に腰を挟まれ、逆さ刷り状態に。。直後に「オレを殺す気か」と叫んだものの、自力ではまったく動けず、駅員さんと心ある男性が引っ張り上げようとしたが、駅員がこれは危険と判断。該当車両の乗客が全員降り、駅員さんのホイッスルで全員が車体を押して隙間を作って無事救助に成功。「眼鏡をしていたはずですよ」と駅員さんに伝えると、「下に落ちています。ありがとうございます」とのこと。同じく会場に向かった先輩研究者がホームに居られたので、後でお聞きしたところ「動いてたわよ」とのことでひと安心。列車では「救助で時間がかかったため、この電車が先着します」とアナウンスがあったものの、先輩は次の電車で急行に乗り換えられたため、結局、会場へはわたくしが追い抜かれたかたちで後着。車掌さんも混乱していた模様。

 発表は『更級日記』と『伊勢物語』の『源氏物語』受容。前者の薬師仏と阿弥陀仏はともに、「立ちたまへ」るとある。薬師如来は自身(父)の発願で「等身大」で造仏されたものとあり、後者は夢の中の存在ではあるものの、それはやはり「立ち姿」の御仏。このあたりは、自分でも少し調べてみたいと思った次第。二次会では阿部さんのご挨拶で先月亡くなった北川真理さんへの献杯を行い、故人を偲びました。
別窓 | 伊勢物語 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<七絃琴(古琴)本邦初の映像化へ | 物語学の森 Blog版 | 原岡文子・河添房江編『源氏物語 煌めくことばの世界 ll』>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |