物語学の森 Blog版 天涯孤独の意味
FC2ブログ
天涯孤独の意味
2018-02-23 Fri 07:22

 (写真は故人の釣り道具コレクション)
 依頼していた隣人さん(1944-2017)の親族や歴史が判明。同居していたお母さん(1916-2004)には二人の息子がいて、兄(1942-2008)は物故していたものの、一人娘さん(1971-)が北海道在住。そう言えば、お母さんの葬儀の際、御一家にお会いした記憶が甦りました。
 お父さん(1907-1969)は結婚三回で、隣人さんのお母さんは二番目の妻。夫を婿養子として入籍。一回めの結婚は昭和の始め、離婚後、東京大空襲(1945年3月10日)で母子四人のうち、末っ子を除いた三人が亡くなり、末っ子の女性もすでに物故(1935ー1981)。三番目の奥さんとの間に、私と同年、18歳離れた弟さんが沼津在住。お父さん55歳の時の子どもで、7歳の時に父を喪う。
 隣人さんは、お母さんが「この年になったら、うちの息子には、嫁さん来ないよ」と私に愚痴っていた。ただし、友人には「結婚歴がある」と話していたことを葬儀の時に聴かされたものの、戸籍には記載なし。
 天涯孤独の意味を私なりに考えながら、かくして法的な手続きを始めます。
別窓 | 生涯稽古の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<田坂憲二著『源氏物語論考-古筆・古注・表記』 | 物語学の森 Blog版 | 五節句を復習>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |