物語学の森 Blog版 湯淺幸代著『源氏物語の史的意識と方法』
FC2ブログ
湯淺幸代著『源氏物語の史的意識と方法』
2018-01-20 Sat 06:18


 著者から拝領。研究の始発は「王権論」。ご発表は物語研究会だけでも7度拝聴していました。昨年から出版の構想をお聞きしていました。物語の歴史意識、解釈、史実から、物語の各治世や人物を中心に、その意図を明らかにすることを目指したという。博士論文から10本、関連する7本を加えて編成。永井路子先生ご夫妻のように、ご主人が同時代の歴史研究者であることも、確かな信頼感となっています。

 研究者としての大成を予見させる本。ぜひ御高架を。

 
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『嘘を愛する女』 | 物語学の森 Blog版 | 視覚から学ぶ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |