物語学の森 Blog版 新座市役所新庁舎、「緊急地震速報」に緊張
新座市役所新庁舎、「緊急地震速報」に緊張
2018-01-06 Sat 06:47


 昨年暮れから通っていた旧庁舎が閉じられ、4日から新庁舎で業務再開の市役所に、隣人さんの健康保険証等の返還に出向きました。各課を回り、何十枚と書類を書いている途中、ニュースにもなった「緊急地震速報」。
 旧庁舎は、最終業務日の午前中、市営霊園の墓地承継の折衝のために出向きましたが、18万人もいる庁舎としては明らかに手狭な上、素人目にも耐震強度に問題があるように思っていましたから、職員さん達も敏感になっていたようで、「旧庁舎でなくて良かったです」と話しておいででした。この手続き、まだまだ続きます。よくありそうで実はレアケースのようなので、いずれまとめて書き残します。

 信州では丁寧な校閲の入った初校「宇治十帖と作者・紫式部」。小文一本もなんとか下書きまで進めました。来年度のシラバスもぼちぼち入力中。
別窓 | 生涯稽古の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<家紋がお魚の御墓 | 物語学の森 Blog版 | 賀春>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |