物語学の森 Blog版 平安後期貴族女性の出家記事
FC2ブログ
平安後期貴族女性の出家記事
2017-11-03 Fri 10:07
  宇治十帖の論文佳境。平安後期貴族女性の出家記事を調査した覚書。

 『殿暦』康和四年(1102)正月廿六日条 
廿六日、壬午、(略)晴、北政所(源麗子)還御泉殿 宮御同年(藤原寛子)、北政所御出家、其儀先拝奉氏神、次御衣裳袈裟を着給、次山座主仁覚申上御出家之由、次同山座主(ナシ)奉剃髪御頭、其問斉尊律師唄 鬼形唄也、次彼座主奉授戒、々了布施。

『中右記』嘉承二年(1107)九月二十一日条 
晩頭参一条院、令始参堀河院、今夜中宮(篤子内親王)御出家事 御年卅八、其儀、(中略)先令拝氏神云々八幡、戒師作法之後、暫垂庇御簾、令始御出家事 法印付母屋御簾奉制御髪者、次又上庇御簾奉授戒、尼御装束着御、及深更了、給布施。

『長秋記』大治四年(1129)七月二六日条
 廿六日、壬寅、晴、皇后宮(令子内親王)有遁世事(略)、次戒師(覚猷)啓白、次依戒師申先拝伊勢神大宮方、次戒師可拝給氏神之由申、宮已為内親王、不可有氏神歟、但外祖父藤氏也、可称氏神歟、故母中宮前関白師実養娘也、仍堀川先朝養方着給錫紵、次拝国王及父母墓方給、次戒師頌流転三界中三反、次宮居拝戒師給、脱本御服着給法衣、此間簾中女房等有悲泣気(略)、事了礼拝、此後戒師取髪剃奉剃御頂。

  ※戒師・覚猷は天台座主を務めた鳥羽僧正。『鳥獣人物戯画』作者。
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『法苑珠林』「剃髪部」「出家作法」と伝源信編『出家授戒作法』 | 物語学の森 Blog版 | 古典の日、旧暦なら12月18日>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |