物語学の森 Blog版 田中亮一・田中とみ覚書
田中亮一・田中とみ覚書
2017-09-30 Sat 08:39
佐渡全図1954 佐渡全図 昭和28年

佐渡中心部地図 

 『新穂村文化の先達』(川上三吉編著 昭和62年)
田中亮一

 舟下、県会議員、農会長をつとめる。昭和の初期、田中氏の蔵書を全部(約三千冊)新穂文庫に寄贈し、田中文庫と、呼称していたが戦後新穂公民館が建設され新穂図書館が新設された時合併し、現在の図書館となった。没年不詳なるも、昭和十二年頃と云われる。
 殿守りの朝清めする袖にさへ匂ひみちたる園の梅が香
 祝五五寿雅
  四濱浪静起謡声 松籟共和唱寿栄
  即是阿兄五五宴 重歌万歳心成名
 つむ雪ににほひこぼるる梅の花さきかけて祝ふ君のことぶき (川上久敬蔵)

田中トミ
田中亮一の妻。武井、田辺家の出、主人亮一を助け、県会その他に主人が活動の内助の傍ら、婦人会の幹部とし婦人会運動に一生を捧げた。大正七年(1918)35才副会長、大正13年会長、大正15年佐渡郡婦人会婦人部副会長をつとめ、県連合会の役員を歴任した。尚その役員となるや生活改善、風俗改良運動を提唱し、率先実行した功績は、大なるものがあった。昭和三十五年七月一日没、行年七十七歳
 千早ふる神代ながらのかわかみにすみ渡るべき末は幾千代 田中とみ子

 注記 川上久敬氏(1902-?)は、新穂村教育長、朱鷺保護活動の尽力で勲五等瑞宝章。旧制佐渡中学を大正8年(1918)年卒業。「五五宴」を久敬55歳(昭和32年)とすると、亮一は没しているので、久敬の父の55歳を言祝いだものか。

 政治家としての田中亮一は以下のようにあり、県会議員を務め(第十五回当選)、のちに衆議院議員に挑戦したもようである。

 『佐渡政党史稿』(斎藤長三著・風間進刊行)
新穂村 ・明4、佐渡毎日新聞社[三十五年七月十三日]・明4、第十五回選挙[四十年九月]・明4、第十六回選挙[四十四年九月二十五日]・大1、第十七回縣會議員選挙[四年九月二十五日]・大1、野澤卯市中蒲原郡より選出さる[四年九月二十五日]・大1、第十三回衆議院議員選挙[六年四月二十日]・大2、政友倶楽部の春季大会[七年八月二十七日]
別窓 | 高木文 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<池田亀鑑記者「天才(芥川龍之介)の死は若き人々に何を考えさせたか?」 | 物語学の森 Blog版 | もうひとりの佐渡女性・田中とみ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |