物語学の森 Blog版 「かたちたくみ」の太氏書入本『竹取物語』
FC2ブログ
「かたちたくみ」の太氏書入本『竹取物語』
2017-09-25 Mon 06:36


twitterで『竹取物語』の本文研究の成果を呟いておられる@tktrlさん。以下のような問題点を指摘されています。さっそく東海大学桃園文庫蔵の転写本を開いてみたところ、やはり「(朱)かたち/匠」(本文8行目)。『かぐや姫と絵巻の世界』本文は、流布本により校訂したもの。南波浩『校異古本竹取物語』(ミネルバ書房、1953年-底本「新井本」)も、本文は「かぢ匠(20)」と校訂し、新井本、三手文庫本が「かたちたくみ」であったことが報告されています。
 
 頭注(20)「(かたちたくみ)(底本、三)「うちたくみ」(神、正)「かちたくみ」(諸本)諸本に従った」

『竹取物語』古本系統本文研究は吉川理吉(龍谷大学)、中川浩文(龍谷大学)、南波浩(同志社大学)と京都系の学問の感があったものの、現在は流布本一辺倒になっていることは周知の通り。修士論文指導の際、萩谷先生は「契沖の学問は、国学者の中でもっとも確かなもの」「南波先生は、学問も人物も本物の方」。中田校本に誤りがあることを申し上げると「中田さんは(お酒を)呑むからなあ」との仰せがあったことを、これを書きながら思い出しました。

中田氏の校異篇p36、「〇かちたくみ―かたちたくみ【似】」とあって、上原先生も「かちたくみ」(注:三手文庫本文「かたちたくみ」、かぐや姫と絵巻の世界p32)とされている。三手文庫本移写本の翻刻(吉川氏)を見ても「かたちたくみ」とある。これは首肯される

ところが、新井氏著の翻刻では「かたちたくみ」(本文篇p9)であり、南波氏翻刻も「かたちたくみ」(全書p83)、中田氏校本でも「*鍛冶―かたち(古本) 諸本により訂す」(古本竹取物語p7)とあり、中田氏の調査結果が矛盾している。校異篇のミスと判断したいが、原本影印の刊行が待ち遠しい

別窓 | 竹取物語 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<千野裕子著『女房たちの王朝物語論 -『うつほ物語』『源氏物語』『狭衣物語』』 | 物語学の森 Blog版 | 『婦人世界』昭和2年10月號「談話くらぶ」>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |