物語学の森 Blog版 大正時代の『婦人世界』
FC2ブログ
大正時代の『婦人世界』
2017-09-18 Mon 08:34
magicink110-img1200x676-1504927304vrottt31726.jpg
婦人世界①

大正11年から昭和2年までに刊行された実業之日本社『婦人世界』を入手。北大路春房名の池田亀鑑の小説『白萩の曲』、『香炉の夢』、昭和2年からは実業之日本社社員として入社し、「記者」としても、7月から「兄妹はいかに教育せられたか-ある青年家庭教師の手記」を連載。また、長野嘗一「小説家・池田亀鑑」のリストには10月発表となっていた、芥川龍之介の死を特集した「天才の死は若き人々に何を考へさせたか?」 はこの号になく(掲載号未確認)、島崎藤村、田山花袋の生誕地を特派記者として尋ねる「 天才はいかなる土地と家とに生まれたか」が掲載されています。後者は池田亀鑑の著作リストに洩れていますが、芥川の特集との類似性、文体から、そのように判断します。

 『婦人世界』小説リストを改訂しました。
別窓 | 池田亀鑑 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<北大路春房『白萩の曲』 | 物語学の森 Blog版 | 同窓会講演会>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |