物語学の森 Blog版 常陸になりて下りしかば。
FC2ブログ
常陸になりて下りしかば。
2017-08-31 Thu 08:34


 午前中に仕事を終えて、石岡市ふるさと歴史観(石岡小学校敷地内)に足を延ばしました。小学校の校地整備で常陸国府全体の遺構が発掘調査されています。作者の常陸国の知識は、『万葉集』以来の「筑波山」をめぐる歌枕>から得たものとされています。
 
  「道のはてなる常陸帯の」と、手習にも言種にもするは、いかにも思ふやうのあるにかありけむ。「竹河」巻

※東路の 道の果てなる 常陸帯の かごとばかりも 逢ひ見てしがな(『古今和歌六帖』五巻三三六〇)

これに受領の家出身として、外祖父・藤原為信が常陸介であったことが重要な要因であったのだろうと推測します。

『『源氏物語』と常陸国

 伊予介といひしは、故院崩れさせたまひて、またの年、常陸になりて下りしかば、かの帚木(空蝉)もいざなはれにけり。須磨の御旅居も遥かに聞きて、人知れず思ひやりきこえぬにしもあらざりしかど、伝へ聞こゆべきよすがだになくて、筑波嶺の山を吹き越す風も、浮きたる心地して、いささかの伝へだになくて、年月かさなりにけり。限れることもなかりし御旅居なれど、京に帰り住みたまひて、またの年の秋ぞ、常陸は上りける。  「関屋」巻

 あいなくそのことに思し懲りて、やがておほかた聖(宇治八宮)にならせたまひにけるを、はしたなく思ひて、えさぶらはずなりにけるが、陸奥国の守の妻(中将君)になりたりけるを、一年上りて、その君平らかにものしたまふよし、このわたりにもほのめかし申したりけるを、聞こしめしつけて、さらにかかる消息あるべきことにもあらずと、のたまはせ放ちければ、かひなくてなむ嘆きはべりける。さてまた、常陸になりて下りはべりにけるが、この年ごろ、音にも聞こえたまはざりつるが、この春上りて、かの宮には尋ね参りたりけるとなむ、ほのかに聞きはべりし。
 かの君の年は、二十ばかりになりたまひぬらむかし。いとうつくしく生ひ出でたまふがかなしきなどこそ、中ごろは、文にさへ書き続けてはべめりしか」 と聞こゆ。              「宿木」巻

別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<黄壁の家 | 物語学の森 Blog版 | 歌語・鈴虫>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |