物語学の森 Blog版 一絃琴「須磨」
物語学の森 Blog版
このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。
一絃琴「須磨」


 曲は「須磨」。社中の説明では「一絃琴は邦楽楽器で最も古い民族楽器。神代よりの神依板ともいわれ、鎮魂楽器、精神楽器とも言われています」としている。この理解は本来は和琴のこと。

2017-06-23 Fri 06:58
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0
<<『朝日新聞』6月24日朝刊1面サンヤツ | 物語学の森 Blog版 | 「少しことさめ」た話>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 物語学の森 Blog版 |