物語学の森 Blog版 坂本龍馬の弾いた琴曲
物語学の森 Blog版
このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。
坂本龍馬の弾いた琴曲
  坂本龍馬も一絃琴と三味線を爪弾いたとされています。

  「おりょうもお登勢も、ぜひ弾いてきかせてくれ、という。さればチクとやるか、と竜馬は一絃琴をひきよせ」、…
司馬遼太郎著『竜馬がゆく』「三都往来」

 曲は「海原」(土佐海(とさのうみ)詞・曲・眞鍋豊平のことか)「漁火」を唄ながら弾いたとある。一絃琴は高知県無形文化財、龍馬の兄・権平、姉・乙女も嗜んだとあります。


 
2017-06-19 Mon 07:21
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0
<<「少しことさめ」た話 | 物語学の森 Blog版 | 坂本龍馬の手紙原本が出現>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 物語学の森 Blog版 |