物語学の森 Blog版 坂本龍馬の手紙原本が出現
坂本龍馬の手紙原本が出現
2017-06-16 Fri 07:23
 龍馬の手紙、新たに6枚発見 寺田屋事件を生々しく「朝日新聞」

慶應2年12月4日、坂本権八・一同宛で、内容はすでに写本として伝わり、よく知られていたもの。手紙の末尾に人物月旦。

此手紙もし親類之方などに御為見被成候はヾ必ず/\誰れかに御書取らセ被成候て御見せ。順蔵さんえも其書き写さ礼し書を御見セ。私手紙は必ず/\乙姉さんの元に御納め可被遣候。/ 龍馬
 (略)
一、当時天下之人物と云は、
徳川家には大久保一翁、勝安房守。
越前にては三岡八郎、長谷部勘右衛門。
肥後ニ  横井平四郎。
薩にて  小松 帯刀。 是ハ家老にて海軍 惣大将なり。
     西郷吉之助。 是ハ国内軍事に懸る事国家之 進退此人に預る。
長州にて 桂 小五郎。 国家之進退を預る(当時木戸寛次郎)。
     高松 普作。 此人は軍事ニ預る、此人下の関に出 小倉攻之惣大将(当時谷潜蔵)。
別窓 | 生涯稽古の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<坂本龍馬の弾いた琴曲 | 物語学の森 Blog版 | 坂本龍馬と琴を弾く女性たち>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |