物語学の森 Blog版 折口信夫『古代研究』Ⅰ~Ⅵ
折口信夫『古代研究』Ⅰ~Ⅵ
2017-06-12 Mon 06:20


 長谷川政春さんから折口信夫『古代研究』Ⅰ~Ⅵ(角川ソフィア文庫)を拝領。ありがとうございます。たまたま旧版(1979年)も持ち合わせていたので、並べてみました。
 旧版来の解題・民俗篇・池田弥三郎、国文学篇・長谷川政春にくわえて気鋭の安藤礼二氏の解説を加え、新字・新仮名で組み直したもの。『新編折口信夫全集』(中央公論新社)の実質的な責任編集者は長谷川さんですが、なお、全集未詳録の文献を三編ほど見つけたので、ご報告済み。いずれも戦前の紫式部学会での歌人・釈迢空と池田亀鑑の交流から発展したもの。新資料として日の目を見ることになるでしょう。

 池田亀鑑と折口信夫(釈迢空)
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<坂本龍馬と琴を弾く女性たち | 物語学の森 Blog版 | 大庭みな子研究会『大庭みな子 響き合う言葉』日本史史料研究会『日本史のまめまめしい知識』第二巻>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |