物語学の森 Blog版 「夜深き暁月夜」の時間は午前4時(寅一つ)
「夜深き暁月夜」の時間は午前4時(寅一つ)
2017-05-21 Sun 07:30
平安時代の時間表現

 学習院で物語研究会例会。報告は恙なく修了。小林賢章氏の『「暁」の謎を解く―平安人の時間表現』角川選書の「午前3時=「夜明け=暁」説」を援用しつつ、『源氏物語』の「夜深き」「暁」を解読。ただし、「有明の月」は日付変更線を跨ぎ月の出からという修正案。なかに、源氏が朧月夜(有明の君)と逢瀬を重ねる「夜深き暁月夜」(「賢木」巻)という表現があり、質問を頂戴する。本文に「寅一つ(午前4時)」とあるので、この時点でも「夜深き」を用いていることが重要。この直前、二月に朧月夜が「尚侍」となる記述があるので春のこと。以下に2016年の如月有明の月のデータで検討すると、日の出が6時近いので、4時でも「夜深き」が用いられたのであろう。

 ここかしこ尋ねありきて、 「寅一つ」 と申すなり。
女君(朧月夜)、 「心からかたがた袖を濡らすかな 明くと教ふる声につけても」
 とのたまふさま、はかなだちて、いとをかし。
 「嘆きつつわが世はかくて過ぐせとや  胸のあくべき時ぞともなく」
 静心なくて、出でたまひぬ。夜深き暁月夜の、えもいはず霧りわたれるに、いといたうやつれて、振る舞ひなしたまへるしも、似るものなき御ありさまにて、承香殿の御兄の藤少将、藤壺より出でて、月の少し隈ある立蔀のもとに立てりけるを、知らで過ぎたまひけむこそいとほしけれ。もどききこゆるやうもありなむかし。

2016 月出(方位) 月入(方位)  月齢 日出(方位)-旧暦換算3月
3月26日(旧暦2月20日)20:42 (103) 7:19 (258)  17.0 5:49 (86)
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<三橋正遺稿集『古記録文化論』書評掲載 | 物語学の森 Blog版 | 近刊予告『古典文学の常識を疑う』>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |