物語学の森 Blog版 槇ノ尾山と槇尾山(天ケ瀬公園)
槇ノ尾山と槇尾山(天ケ瀬公園)
2017-04-17 Mon 08:08
京阪宇治路線図
 
 薫が二月以来の宇治を訪問した折の「槙の山辺」について再調査。そして覚え書き。

 宇治に参うでで久しうなりにけるを、思ひ出でて参りたまへり。七月ばかりになりにけり。都にはまだ入りたたぬ秋のけしきを、音羽の山近く、風の音もいと冷やかに、槙の山辺もわづかに色づきて、なほ尋ね来たるに、をかしうめづらしうおぼゆるを、宮はまいて、例よりも待ち喜びきこえたまひて、このたびは、心細げなる物語、いと多く申したまふ。          「椎本」巻

  宇治市には、槙ノ尾山(標高106㍍)と槙尾山(標高367㍍)とがあって、後者は現在はダム湖を抱える公園となっている。前者が薫の眺めた「槙の山辺」。宇治八宮邸(八宮は「山懐」と述べている上、川岸にあったと推定される)と宇治川を挟んでほぼ対岸にあることになる。やや川岸からは離れたところにある源氏物語ミュージアムを起点とするとやや南東となるので注意が必要。
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<宇治八宮邸西廂の薫の立ち位置 | 物語学の森 Blog版 | 竹内正彦著『2時間でおさらいできる源氏物語』>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |