物語学の森 Blog版 軽井沢歴史探訪
物語学の森 Blog版
このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。
軽井沢歴史探訪


 旧軽井沢銀座の繁華街を抜けると、道も一気に細くなります。軽井沢の父・アレキサンダー・クラフト・ショウ記念館にはまだ雪が残っていました。顕彰碑は村人が立てたものので、漢文と英文で書かれています(郷土資料館に拓本が展示されています)。 大正・昭和史を彩る著名人の別荘のミニチュア群も面白く、興味のある方はぜひどうぞ。



 4月1日の冬季休業期間あけを待って町立離山図書館・歴史民俗資料館・市村記念館(近衛文麿邸-写真)を廻る。歴史民俗資料館には古代中国陶器の蒐集家の吉沢三朗記念室もあり、漢から元までの青磁等44点が陳列されています。ご子息の国雄氏が軽井沢に住み、浅間総合病院長だった御縁から、明清の陶磁器は佐久市立美術館に分蔵されているとのこと。この病院は私の生まれたところでもあります。3分程度だと館員さんに教えられた離山の山道を行くと熊対策の電流線に囲まれていてやや遠回りをして市村記念館に辿り着く。近衛邸はこのあたりを三度移築されたようですが、最後の所有者・市村今朝蔵・きよじの名を冠したもの。近衛の書に勝海舟、桂太郎の書幅まであり、外の雪に映えて和室ものどやか。電気は夕方からですよと教えられて近道で戻りました。「聖徳太子」「鎖国」等、古い記述の残るパワポ教材の改訂等、新学期の準備が気になり出しました。
2017-04-03 Mon 05:52
別窓 | 全国ツアーの巻 | コメント:0 | トラックバック:0
<<桃も開花 | 物語学の森 Blog版 | 『源氏物語本文のデータ化と新提言Ⅳ』文部科学省研究費補助金 基盤研究(C)「源氏物語本文関係資料の整理とデータ化及び新提言に向けての再検討」報告書、平成27年3月>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 物語学の森 Blog版 |