物語学の森 Blog版 諏訪歴史探訪
諏訪歴史探訪
2017-03-18 Sat 06:22

 朝イチ駒ヶ根市駅のホールで2時間話す。さらに諏訪市博物館で『江戸時代のおひなさま』展。図録『清昌院雛人形の美』は300円。市内を北上、中山道下諏訪宿本陣・岩波家。細い旧道の坂道にある茶屋松屋は、今井邦子文学館。島木赤彦に短歌を学び、短歌結社『明日香』を主宰。戦前の紫式部学会を池田亀鑑、折口信夫らと支えた人。高村光太郎の彫像は空襲て焼け、写真がだけが残る、美しい女性。学問が許されず、家出までして勉強したと言う。夫は中央新聞社の同僚で、千葉選出の衆議院議員を七期務めた今井健彦。ボランティアのかたに煎茶をいただき、今井邦子談義、お世話になりました。

 今井邦子関連記事

『むらさき』第1巻4号(1934年8月)
戦前の女性文学者と『むらさき』、そして折口信夫
文藝雑誌「藝苑」のこと
別窓 | 全国ツアーの巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<記憶だけに頼らず、記録を調べよう | 物語学の森 Blog版 | 東奔西走>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |