物語学の森 Blog版 笹川勲著『源氏物語の漢詩文表現研究』
笹川勲著『源氏物語の漢詩文表現研究』
2017-03-03 Fri 07:36


 著者から『源氏物語の漢詩文表現研究』拝受。ありがとうございます。そして上梓おめでとうございます。
 すでに多くの論攷を初出から拝読していますが、まずは、「「御師の大内記」の形象と漢詩文表現-『源氏物語』の儒者たち」を精読。私なら、『うつほ物語』の藤原季英から説き起こすところでしょうが、この手法は、先に森野正弘さんにさりげなくパターン化を指摘されたこともあり、若い人から説述方法を学び取ることとします。
 
 昨今の若手研究者は女性の活躍ばかりが目立ちますが、それぞれの自身の研究領域を切り拓きつつある須藤圭氏、畠山大二郎氏ら、気鋭の男性研究者の台頭も目覚ましいところ。笹川さんの大成を祈ります。

 
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<弥生上巳、今年新暦3月7日 | 物語学の森 Blog版 | 今西祐一郎著『詩を想え 九想詩と一休骸骨』>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |