物語学の森 Blog版 『日本琴學史』森野正弘氏書評掲載
物語学の森 Blog版
このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。
『日本琴學史』森野正弘氏書評掲載
北陸古典研究

 『北陸古典研究』第31号に、拙編著『日本琴學史』(勉誠出版)森野正弘氏書評掲載されました。ありがとうござ゛います。「琴學」「學琴」の使い分けに説明がなく、混乱したとのこと。前者は<琴>にまつわる学問のこと、後者は弾琴法、譜面解読等のことです。

2017-02-09 Thu 08:17
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0
<<尖石遺跡、そして利休庵 | 物語学の森 Blog版 | 池田節子著『紫式部日記読み解く』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 物語学の森 Blog版 |