物語学の森 Blog版 怒濤の1週間
物語学の森 Blog版
このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。
怒濤の1週間

 試験答案を抱えて渋谷~佐久平(1泊)~坂城~渋谷と来て一息。その間、坂城町ふるさと歴史館に立ち寄り、学芸員さんに地元の英雄・村上義清にまつわる、池田芙蓉の小説「笄の渡」『もっと知りたい池田亀鑑と源氏物語』を寄贈できました。
 翌日、早朝に立ち、ふたたび佐久平で二週連続のまとめの回となる仕事。合間に学生の要望した歌舞伎座レポートをポータルサイトで確認すると、延べ15名がエントリー、勘九郎、勘太郎、長三郎親子の初日舞台挨拶を幕見席から観劇した人もいてひたすら感心する。夕方日没を狙って、平尾温泉みはらしの湯の厳寒露天風呂で沈む夕陽と三日月を眺める。翌朝、佐久平~自宅で一息。さらに渋谷で若い諸君の高い志を聞く。かくして、怒濤の1週間を終えました。

2017-02-04 Sat 11:01
別窓 | 全国ツアーの巻 | コメント:0 | トラックバック:0
<<『図書新聞』第3290号書評掲載 | 物語学の森 Blog版 | 伊藤好英著『折口信夫 民俗学の場所』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 物語学の森 Blog版 |