物語学の森 Blog版 学年末の風景 
学年末の風景 
2017-01-25 Wed 09:06
 試験を終えると、明らかに申し合わせていたらしい学生に取り囲まれて、聖徳太子でもないのに、各人の要望を承る。遠巻きに見ていた男子学生や大人しい学生間の不均衡を考慮しつつ、渋々申し出を承諾。すると深夜に不審に思ったらしい問い合わせが来たので、早朝、ポータルサイトに一気呵成、あれこれ細かく指示を書き込むことに…。

 以前、16時からの授業になかなか起きられず、早々に出席が足りなくなった学生がいたので、「試験を受ける権利はもちろんあるんだが、来年に備えたほうが…」と伝えたところ、ニコニコしながら時たま出席してきて、結局、試験も受けていました。新学期、図書館入り口で鉢合わせしたところ、露骨に顔を背けてしらんぷりされる。
 それ以来、学生のニコニコ対応は、だいぶ含みがあることを思い知らされた次第(この話は、かなり頭に来たので、後輩達にも何度も話してゴメンナサイ-女子大は随分長いことお世話になってあれこれ対処法も学んできたのに、まだまだ甘ちゃんであることだ)。
別窓 | 大学での御仕事の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<軽井沢町借宿から。 | 物語学の森 Blog版 | 四半本『源氏物語』の脱文発生メカニズム>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |