物語学の森 Blog版 高橋麻織著『源氏物語の政治学-史実・准拠・歴史物語』
高橋麻織著『源氏物語の政治学-史実・准拠・歴史物語』
2017-01-08 Sun 08:16
 源氏物語の政治学』を著者から拝受。光源氏、桐壺院・大臣家・『源氏物語』から歴史物語への4部構成、序章・終章に16章を以て一冊とした力作。査読論文に加え、日本学術振興会の研究成果公開促進費による出版となれば「折り紙付き」の研究成果の証明。ここのところ、30代研究者の力作が陸続と刊行され、他にも数本の著書が進行中と側聞しますが、まさに「後生畏るべし」。確実に、若手研究者の実力は底上げ感があります。
 系図や内裏図も有り難く、用意周到な編集となっています。カバーは白地に桜咲く殿舎、紫色の帯と来て、自身の『學藝史』も似たようなイメージだったと思い当たりました。内容充実、美麗な装丁。ぜひ御高架をお願いいたします。
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<四本一挙入稿 | 物語学の森 Blog版 | 神基習合の日>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |