物語学の森 Blog版 新海誠を学ぶ
物語学の森 Blog版
このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。
新海誠を学ぶ


 大詰めの演習は、いよいよ最後の研究調査報告を聞く。テーマ設定は任意。今年は映画に関するものが二本。そのひとつが『君の名は』の新海誠作品の分析でした。そこで、この監督が同郷、かつ著名な地元ゼネコンの息子さんだったことをはじめて知る。『君の名は』に現れる風景、見たことのあるような気がしていましたが、その理由が明らかとなりました。しかもこの11月にはボクもしたことのある佐久市交流文化館浅科の公開講座に登場したもよう(ボクのもFMで紹介されたり、新聞記事に載りました)。応募が400人で抽選になった由。世の中、まだまだ知らないことばかり。

「君の名は。」新海誠監督が“凱旋”講演会 作品の世界を紹介 長野・佐久

2016-12-21 Wed 06:03
別窓 | 大学での御仕事の巻 | コメント:0 | トラックバック:0
<<『源氏物語』本文関係資料に関する共同研究@國學院大學 | 物語学の森 Blog版 | 渋谷2days>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 物語学の森 Blog版 |