物語学の森 Blog版 「いのち」の値段も調べておくべし。
物語学の森 Blog版
このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。
「いのち」の値段も調べておくべし。
 ある学生さんが、将来に備えて、親(お医者さんです)から卵子凍結保存を薦められたという話を聴かされてびっくり。帰宅してすぐにリサーチ。採取料に加え、保存管理料も年間費用がかかると言う話を聴かされましたが、インプラントと同じく相場の如きものがあるらしく、ここは細かく治療費が設定されていました。

 古稀を迎えた隣人さんも緑内障となり、行政指定のスイカカードを代理で買いに行ったり、手術の際の手続き(もちろん出来る範囲内)、入院で長期に家を空けるときにもご連絡頂くので、「緑内障の再生医療が実用化されるらしいね」と話しかけたところ、「その話は某大学病院の主治医から説明を受けたが、『▲千万円』と言われたよ」とのことでした 。

 まずは、自分の身体のことは自分で学んでおくことが必要のようです。

 限定的にアクセス制限をかけています。おもしろ半分の閲覧者お断り。
2016-11-19 Sat 08:10
別窓 | 生涯稽古の巻 | コメント:0 | トラックバック:0
<<相模は今年も雨だった。 | 物語学の森 Blog版 | 坂本太郎の回想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 物語学の森 Blog版 |