物語学の森 Blog版 検索を駆使しても見つからない話
検索を駆使しても見つからない話
2016-11-11 Fri 07:14
若姫君、「「よし」とおもひしは、ものならざりけり」と見比べられけり。姫君は親ときこゆれど、いまだいちども見えきこえねば、はづかしくおぼえ給ふ。大納言薄物の織物の指貫に紅の…

 上の本文の典拠を探して、ジャパンナレッジの新編全集語彙検索、古典総合研究所の語彙検索等々を駆使しましたが、判りません。『増鏡』に表現の類似するところがありますが、完全一致する本文はなし。中世王朝物語かもしれません。時間を見つけてまめに調べます。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「失せ侍し母の歳ほどはこれほどに侍べりけむ」の物語 | 物語学の森 Blog版 | トランプ流とのつき合い方 経験則から>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |