物語学の森 Blog版 9月6日公開講座「シルクロード楽器の響き-現代箜篌演奏芸術の発展と伝播」
9月6日公開講座「シルクロード楽器の響き-現代箜篌演奏芸術の発展と伝播」
2016-09-05 Mon 06:15


 4日、東京オペラシテイのリサイタルはほぼ満席。中国民族音楽の調べを堪能しました。
 火曜日は池袋の東京音楽大学で公開講座があります。こちらも時間を作って出向きたいと思います。入場無料・200名先着順の由。
 
 ちなみに、「箜篌」は新編日本古典文学全集には以下のように見えています。今日知られるハープの祖。

1.日本霊異記 三教を信敬しまつりて現報を得し縁 巻五
和泉国の海中にして楽器の音声有りき。笛と箏と琴と箜篌等の声に如れり。

2.栄花物語  巻22「とりのまひ」「雲仏の盛儀」
もろもろの世尊に供養したてまつる。楽の声、簫、笛、琴、箜篌、琵琶、鐃、銅鈸を調べ ...

3. 今昔物語集 建現光寺安置霊物語 第23
和泉ノ郡ノ前ノ海ノ澳ニ楽器ノ音有リ。箏、笛、琴、箜篌等ノ音ノ如シ。亦、雷ノ震動ノ ...

4. 謡曲集 羽衣 p368
聞くも妙なり東歌、声添へて数々の(正面先へ出る)、簫笛琴箜篌、孤雲の外に充ち満ち ...
石橋 p.588
常に笙歌の花降りて、簫笛琴箜篌、夕日の雲に聞え来.
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<辞書に載らない『源氏物語』のことばを周知する | 物語学の森 Blog版 | 「日本少年」実業之日本社、20巻、1925年>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |