物語学の森 Blog版 久下裕利・和田律子編『平安後期 頼通文化世界を考える 考えるシリーズⅡ③知の挑発』
久下裕利・和田律子編『平安後期 頼通文化世界を考える 考えるシリーズⅡ③知の挑発』
2016-07-16 Sat 08:28
 久下裕利・和田律子編『平安後期 頼通文化世界を考える 考えるシリーズⅡ③知の挑発』拝受。『考えるシリーズⅡ』は完結です。

 頼通時代と言えば、平等院鳳凰堂に、『栄華物語』、後期物語、そして物語歌合、夏休み勉強させていただきます。ありがとうございました。

 なお、『源氏物語の方法を考える 考えるシリーズⅡ②知の挑発』には拙文「大島本『源氏物語』本文注釈学と音楽史」を書かせていただきました。こちらもよろしくお願いいたします。
 
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<言語不通は繰り返す。付けたり『狭衣物語』内閣文庫本の話。 | 物語学の森 Blog版 | 高遠天ざる蕎麦>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |