物語学の森 Blog版 『源氏物語』本文の脱文は「若菜」上巻に集中している
物語学の森 Blog版
このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。
『源氏物語』本文の脱文は「若菜」上巻に集中している
  『源氏物語』の脱文約50例のデータベース化進行中。このうち、約半数が「若菜」上巻に集中。明融本、大島本と対校しつつ、なぜこの巻に脱文が集中しているのか、考えています。

 ただし、新編全集においては、ほぼ、脱文が補われた校訂本文となっており、読解に大きな支障が生じていたわけではありません。このことはご安心の程。

2016-04-22 Fri 08:57
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0
<<根津神社のツツジ | 物語学の森 Blog版 | 池田芙蓉『つつじが丘』『少女の友』14巻5号(1921年)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 物語学の森 Blog版 |