物語学の森 Blog版 紫野一休宗純書
紫野一休宗純書
2016-01-05 Tue 06:01

撮り直しました。

地獄遠きにあらす己のをのれをせむ
 極らく又眼前也 神すなはち我也
  神のみにて神めかみ也一代めまほへと
食と汁也けんやくをたえす家業をよくす 
 一盃のんてねたところ別極らく也獄門
 火罪這嶋追放みなこれ御慈悲の
説法也 
     紫野一休宗純書
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<前史探求 其四 | 物語学の森 Blog版 | 土屋作右衛門口伝-前史探求 其三>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |