物語学の森 Blog版 通し狂言 東海道四谷会談
物語学の森 Blog版
このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。
通し狂言 東海道四谷会談



 今年最後の私的なイベントは、国立劇場で「通し狂言 東海道四谷怪談 三幕十一場」、のべ4時間。染五郎が初の三役だそうで、幽霊となったお岩に小平、とめまぐるしい変わり身で大きな拍手を浴びていました。父幸四郎との共演は、歌舞伎座の勧進帳以来、なんどか見ていますが、今回も堪能しました。専門家の劇評も予習していきました。学生にも勧めていることもあり、今後も出来る限り時間を見つけて歌舞伎に通う予定です。

 帰りは遠回りして、表参道ライトアップ、それにしても今日はどこも混雑・渋滞の一日でした。

2015-12-26 Sat 06:56
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0
<<今年の仕事-こつこつぼちぼち | 物語学の森 Blog版 | 「まほふ」は「真秀ふ」か>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 物語学の森 Blog版 |