物語学の森 Blog版 剛直先生の教科書
剛直先生の教科書
2015-11-06 Fri 08:50
 中田剛直先生は『竹取』と『狭衣』の校本が代表的な御為事ですが、院生時代修論のテキストとして、

  『古本竹取物語』大修館書店、1968年

 をいつも携行してひもときました。このテキストは索引までついており至便。ぼろぼろになったので残部僅少になったとき、数部買い置きしました。

 先日、存在を始めて知った、

 『紫式部日記 影印本』新典社、1967年
 
 は「日本の古本屋」で見かけたのですが、今朝見たら売れてしまっていました。架蔵の契沖書き入れ本のようですが、『竹取』の契沖校本も重視した剛直先生ならではの蔵書形成の一端なのだろうと思います。


別窓 | 竹取物語 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<墓参 | 物語学の森 Blog版 | 剛直な先生と要書房>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |