物語学の森 Blog版 「らうたし」の死語化と展開
「らうたし」の死語化と展開
2015-10-16 Fri 07:00
 とりあえず、昨日の「いたいけ/幼気・痛気」説はボータルにも掲示して、研鑽の一助としてもらう。本来、和語としては「らういたし」から展開した語彙であろうという見通しがありますが、論証した文献も『源氏物語』を中心として十数本あるようです。このうち、とりわけ必読論文としては三本をあげておきます。中世以降、語義が変容して死語となる過程も面白い。

○大塚旦「源氏物語の「うつくし」と「らうたし」「平安文学研究」11巻 1953年 1月
○松村誠一源氏物語の「らうたし」「国語と国文学」42-6 1965月6月」
○梅野きみ子「紫の上のパワーの秘密―「らうたし」「らうたげ」と「らうらうじ」から」 『源氏物語の展望』第3輯、2008年3月
-----------------------
(1)(「労(ろう)いたし」の変化した語)こちらが何かと世話をしていたわってやりたい気持にかられる。また、そういう気持にさせるようなありさまである。可憐でいとおしい。姿やしぐさやたたずまいなどが、弱々しくいじらしい。
*大和物語〔947〜957頃〕六四「この妻(め)にしたがふにやありけん、らうたしと思ひながら、之留めず」
*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿元年「これがいとらうたく舞ひつること語りになむものしつる」
*宇津保物語〔970〜999頃〕菊の宴「らうたしと思ひし子をも失ひてしかば」
*源氏物語〔1001〜14頃〕宿木「むかしよりは、すこし細やぎて、あてに、らうたかりつるけはひなどは」
*今昔物語集〔1120頃か〕一四・四「帝王、其の女を召て、一夜、懐抱し給ひにけるに、労たくや思し食けむ」

(2)和歌・連歌などで、心深く、艷で美しい。
*ささめごと〔1463〜64頃〕上「古人の句は歌の面影そひぬる故に、しな、ゆう、たけ、らうたく言はぬ心見え侍り」

(3)(「ろう」を「ろうたける」の「臈」と意識してできた語か)洗練された美しさがある。上品ですきとおるように美
しい。
*春鳥集〔1905〕〈蒲原有明〉束の間なりき「貴なるかげや、臈(ラフ)たき」
*海潮音〔1905〕〈上田敏訳〉花くらべ「〓イナス神の息よりも、なほ臈(ラフ)たくもありながら」

補注
シク活用の「うつくし」が、特に弱々しさという限定をつけず、愛情を感じる対象、美を感じる対象を賛美する心情表現の語であるのに対して、ク活用の「らうたし」は、いつくしみの感情を起こさせる、弱々しく痛々しい、または、いじらしいものの可憐な状態を表わす属性表現の語である。                  『新編日本国語大辞典』
別窓 | 大学での御仕事の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<機関誌編集卒業 | 物語学の森 Blog版 | 「いたいけ」の表記史>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |