物語学の森 Blog版 黒板伸夫「母なん藤原なりける」
黒板伸夫「母なん藤原なりける」
2015-09-24 Thu 09:16
 黒板伸夫「母なん藤原なりける」「鶴見日本文学会報」 41号、1997年6月

上記の論文は、この春、調べていた『伊勢物語』の「三芳野」の重要な文献。ただし、所蔵図書館が少なく稀覯書とも言えるので、先週、最後の夏休みを利用して国文学研究資料館で複写してきました。 源平藤橘と括られる名門氏族の任官の実態について、平易に、しかもちょっとしたユーモアも書き添えてある珠玉の名文です。

 参考文献とした愚説は、研究所の紀要論文として近々公開します(諸般の事情で公開が遅れております)。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<秋の新刊大詰め。 | 物語学の森 Blog版 | 黒板伸夫「随想 モーツァルトとの半世紀」書誌>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |