物語学の森 Blog版 呉文光「広陵散」
物語学の森 Blog版
このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。
呉文光「広陵散」


 呉文光 (Wu Wenguang) 1946年、江蘇省常熟市生。中国音楽学院講師、中国音楽館館長、古琴芸術国家級非物質文化遺産代表性伝承人(日本の人間国宝に当たる)。中国古代音楽の史学研究に突出した業績を残す。

  「広陵散」は、『源氏物語』「明石」巻にも見える。文献史的には梁末の弾琴の名手、丘公撰の「碣石調幽蘭第五」巻末の琴曲目録(唐代書写)にもその存在が記される。
 近くは金城武主演の「レッドクリフ」で、周瑜が曹操との応戦の決意を固める緊迫したシーンで、この曲を掛け合い式の合奏で競うシーンがある。曲想に叶った選曲。詳しくは拙著参照のこと。

 
2015-09-18 Fri 07:49
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0
<<お茶の水の亀 | 物語学の森 Blog版 | 龍翔操 / 孙瀛 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 物語学の森 Blog版 |