物語学の森 Blog版 軽井沢から湯河原へ
軽井沢から湯河原へ
2015-08-19 Wed 07:20

 雨の旧軽井沢銀座。10年ほど前、小右記註釈の合宿で立ち寄ったとき、リーダーは、あまりの賑わいに「オレは二度とこんなところには来ない」とひとりで怒っていました。その秋、阿佐ヶ谷の行きつけの店に行ったところ、軽井沢出店中ときてまた怒り爆発なんてこともありました。ただし、青学の帰り道、表参道から、わざわざ竹下通りを抜けて話の小ネタにしたこともありました。いずれも懐かしい記憶です。  
  週明けから、湯河原で物語研究会大会。濃密な議論が続きます。
 お昼はお寿司。すこぶる美味でありました。
 露天風呂に通じる廊下は文人趣味のデコレーション。琴学史の原稿を抱えて来たので、海辺の温泉街で新たなインスパイアがありました。 
 桃に琴 弾くは心越 禅師かな               漱石
 
別窓 | 全国ツアーの巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<徳富蘇峰記念館再訪。 | 物語学の森 Blog版 | 安養寺つけめん、鮎の塩焼き>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |