物語学の森 Blog版 遺稿集「解題」とかつら文庫
遺稿集「解題」とかつら文庫
2015-08-12 Wed 08:27
 遺稿集のゲラチェックと「解題」を擱筆。これには、著者も通った私設家庭図書館「かつら文庫」について触れました。

 著者宅の目と鼻の先に、児童文学・翻訳家の石井桃子文庫があり、友人達にはここを「僕の図書館だよ」と紹介するのが常であった。これは家庭文庫を始めていた村岡花子たちに触発され、一九五八年、荻窪の自宅の一室に児童図書室「かつら文庫」を開いたものだと言う。作家・阿川弘之の長男尚之(慶應義塾大学教授)や長女佐和子も同文庫に通っていたようで…

 一周忌前にはかたちになります。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<8月12日の茜雲 | 物語学の森 Blog版 | 花火>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |