物語学の森 Blog版 小江戸川越
小江戸川越
2015-03-16 Mon 06:16



 秩父の温泉は朝風呂二回。満室ながら、露天ではついぞ他のお客さんとは一度も会わず、個室露天風呂利用者が多いことがよくわかりました。小1時間の移動で川越へ。川越まつり会館の山車はこの地にもゆかりの菅原道真がてっぺんで町並みを見下ろすもの。時の鐘はちょうど12時に居合わせることができ、低い低音で時を知らせてくれました。お昼は、ヒレカツうどん(いも)。頗る美味でありました。




 帰りがけ、川越城本丸と向き合うかたちで鎮座する三芳野神社へ。『伊勢物語』の歌碑を写真に収めました。
 「三芳野神社
 我が方に  よると鳴くなる 三芳野の 田面の雁を いつか忘れむ」

 とあります。この東に伊佐沼があり、田島もこの歌にちなむようです。川越には「みよし野」地名が何カ所もあります。

別窓 | 全国ツアーの巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『枕草子』講座12回終了。 | 物語学の森 Blog版 | 長瀞、そして秩父。>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |