物語学の森 Blog版 公開講座・古典に見る武蔵野・埼玉 3月20日(金)13時~15時
公開講座・古典に見る武蔵野・埼玉 3月20日(金)13時~15時
2015-02-26 Thu 08:20
 よみうりカルチャー大宮で公開講座「古典に見る武蔵野・埼玉」を開催します。ボクは古代・平安時代の武蔵野を中心にお話します。

 平安・鎌倉時代の古典文学には武蔵野にまつわる話が多くあります。『伊勢物語』の「入間郡みよし野の里」の女の婿取りの話、清少納言が隠棲した「月の輪」にちなむ武蔵嵐山、月輪の地名、また、『平家物語』には、熊谷直実、畠山重忠を始めとする武蔵武士の活躍ぶりが、そして、『発心集』には川越の風景と武士の暮らしぶりがそれぞれ描かれています。
 これらの古典文学を手がかりに武蔵野を文学・歴史の立場から概説します。


別窓 | 枕草子の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<武蔵野各地の名の由来 | 物語学の森 Blog版 | 日記の類纂化と「竹取物語」カテゴリー化。>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |