物語学の森 Blog版

このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。

倉田実著『王朝の恋と別れ―言葉と物の情愛表現』


王朝の恋と別れ―言葉と物の情愛表現王朝の恋と別れ―言葉と物の情愛表現
(2014/11)
倉田 実

商品詳細を見る


 倉田先生より拝領。いつもありがとうございます。副題の「言葉と物の情愛表現」に示すが如く、王朝人の恋の作法、しきたりの例を和歌の作例を中心にをお示しいただきました。「移動する女の持ち物「櫛の箱」」は、歴史研究者にも注目された論文。廉価ですから、ぜひ御高架をお願いします。
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<主宰の野田市文化功労者表彰 | 物語学の森 Blog版 | 『枕草子』2Days>>

この記事のコメント

> ご連絡をいただけるとありがたいです。ひとみが闘病
 メールしましたが届きませんでした。
2016-09-23 Fri 06:16 | URL | 上原 作和 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 物語学の森 Blog版 |