物語学の森 Blog版 宿縁なるもの。
物語学の森 Blog版
このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。
宿縁なるもの。
 昨年も行方不明になった定家ちゃんストラップ、またまた行方不明になったものの再出現。これは宿縁である!

機能低下した携帯電話を交換したので紐も付け替えたところ、これが不良品だったらしく、夕方暗くなっての帰宅途中、葵の御紋章に琵琶と二点しかないことに気づきました。心に引っかかるものがあったので、さっそく後戻りしてみると、座っていたイスの上に落ちていました。鶴首していた稀覯本と同じく、一所懸命探していると、探されている方が顔を覗かせてくれる、そんな法則性があるような気がします。阿仏尼本にせよ、桃園文庫本「浮舟」巻もまたこれに同じ。定家卿に誓って精進することとします。


moblog_7f6858d0.jpg

2014-10-05 Sun 08:05
別窓 | 生涯稽古の巻 | コメント:0 | トラックバック:0
<<論者の許容度 | 物語学の森 Blog版 | 履修制限>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 物語学の森 Blog版 |