物語学の森 Blog版 和服で熱弁
物語学の森 Blog版
このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。
和服で熱弁

 「論文演習」は夏休みの体験談をハンドアウトをもとにプレゼンテーション。インドひとり旅をいつもの和服で熱弁振るう文学部のK君。いつぞや、エレベーター御一緒した先生から、「落語の授業ご担当ですか」と声を掛けられました。
「落語家ではなく、文士志向なんです」。

2014-10-02 Thu 06:09
別窓 | 大学での御仕事の巻 | コメント:0 | トラックバック:0
<<中川照将『『源氏物語』という幻想』、菊池勇次郎『浄土信仰の展開』 | 物語学の森 Blog版 | 武蔵「月の輪」考>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 物語学の森 Blog版 |